耳鳴りの種類

耳鳴りの場合実際にそこに音がある訳ではありません。
耳、頭の中で何か聞こえるような 感じがしてしまう現象のことを言います。
耳鳴りが起こるすべての人たちが同じ症状を抱く訳ではなく、それぞれが違う症状を示します。
大まかに分類すれば、耳鳴りは、自覚的耳鳴りと、他覚的耳鳴りとに分類が出来ます。

自覚的耳鳴りとは、本人だけが鳴っていると感じる耳鳴りのことを言います。
ほとんどの人たちがこのような耳鳴りの体験をしているようです。
病気が原因となって起こるケースと、生理的な問題によって起こるケースとがあります。身体が健康な人たちでも、静かな場所においてシーンという音を聞くことはあるのではないでしょうか。
それは極々生理的耳鳴りです。
別に心配をするには至りません。
他覚的耳鳴りとはどのような耳鳴りかと言えば、実際に身体の何処かに音を発する原因があると言うものです。
実際に耳の側に聴診器をあてることで、その耳鳴りは他の人たちにも確認することが出来ます。
更に他覚的耳鳴りは、間欠的なもの、持続的なものと分類することができます。

間欠的なものは、耳の周り、耳小骨の上の筋肉が痙攣することで、音が聞こえるようになり、プツプツと言った音が一定のリズムで確認出来ます。
持続的なものは、 耳周辺で血管が流れる時の音が原因だと言われています。
ザーと言った音が聞こえることになります。
更に耳鳴りをいろいろな種類に分類して行きましょう。
まずは自分自身で耳鳴りに敏感になってみてください。